読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何れ(いずれ)の候補者にも属さない票とは

 選挙結果の発表内容に「何れの候補者にも属さない票」という項目が含まれていることがあります。
 一見、無効票(白票や落書きなど)と同じようにも見えますが、実は全く異なる分類です。これを理解するにはまず按分票について知る必要がありますので、以下ではまず按分票について、そしてその次に「何れの候補者にも属さない票」について説明します。

 まず、按分票についてです。
 選挙の候補者の中に、苗字や名が同じ候補者が2人以上いることがあります。例えば「田中 A男」「田中 B子」という2名の候補者がいる場合が挙げられます。
 この選挙の投票結果を集計する時に「田中」とだけ書かれた投票用紙がいくつか見つかったとします。さて、この票はどちらの候補の得票になるでしょうか。それともどちらの得票にもならないのでしょうか。
 直観的に「『田中 A男』に半分、『田中 B子』に半分、と等分するのではないか」と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。
 ではどうするかですが、まず「田中 A男」「田中 B子」の得票として明確に区別できる票(このような票を基礎票といいます)を先にカウントします。そして「田中」という、どちらの票なのか判然としない票(「按分票」といいます)は、2人の候補者の基礎票の比率に応じてそれぞれに分配、つまり「按分」されます。
 例えば「田中 A男」という基礎票が10票、「田中 B子」という基礎票が20票あるとします。2人の基礎票の合計は30票で、そのうち「田中 A男」分は1/3、「田中 B子」分は2/3を占めています。このとき「田中」という1票の按分票があれば、その1/3にあたる0.333票が「田中 A男」に、2/3にあたる0.666票が「田中 B子」に按分されます。
 なお、これらの票を足しても0.999票にしかなりません。これは、それぞれの候補者に按分するときに0.001票未満の票は切り捨てるという決まりがあるからです。1×1/3=0.33333…票は0.333票に、1×2/3=0.66666…票は0.666票に切り捨てられるということです。残った0.001票は「按分により切り捨てた票」とされ、“無効票ではないものの誰の得票にもならない票”となります。なお「田中」という按分票が3票あったとすれば「田中 A男」に1票、「田中 B子」に2票と按分されますので、「按分により切り捨てた票」は発生しません。

 さて、上記を踏まえて本題に移りますが、「田中 A男」も「田中 B子」も共に基礎票が0である場合、「田中」という按分票はどう按分されるでしょうか。
 このときこそ「『田中 A男』に半分、『田中 B子』に半分」と思われるかもしれませんが、実はどちらの得票にもなりません。仮に「田中」票が100票あってもすべて同じ扱いです。これこそ「何れの候補者にも属さない票」の正体であり、先ほどの「按分により切り捨てた票」と同様に、“無効票ではないものの誰の得票にもならない票”として扱われます。
 按分の計算時にゼロ除算が発生するため、それが理由になっているのかもしれませんけども、詳しいところはわかりません;-o-)理不尽な気もしますが、そういう決まりです。

 「何れの候補者にも属さない票」は、地方の首長選や議会選ではまず発生しませんが、現行の参院選などでは割と発生しているものと考えられます。これは立候補者が非常に多く、また按分計算を(全国集計後ではなく)市町村単位で実施するため、「基礎票は0だが按分票が存在する」という事態が起こりやすいことが理由です。