ジンを売りたいならトニックウォーターを作ればいいじゃない

 国内の酒造メーカーが相次いで高級路線のジンを売り出すそうです。

headlines.yahoo.co.jp

 ジンは好きなお酒なので新しい商品が出てくるのは結構なことではありますが、なんか原酒不足に陥ったウイスキーの穴を埋めようとしているだけなんじゃないの、という気がしなくもありません。
 そしてその価格についてですが、ビーフィーターやゴードンが1本1,000円そこそこで買え、比較的高級感のあるタンカレーでも数割増し程度の価格で手に入るわけですから、1本で4,000円以上ともなると、やはりおいそれとは手が出せません。まあ突然タンカレーが品薄になって入手できなくなるということもないと思いますので心配する必要もないでしょうが、変なブームにならず、ジンというお酒が着実に浸透していけばいいなあと思います。

 そこでですが、ジンが家庭でもっと消費されるようになるには良質のトニックウォーターがもっと出回ることが欠かせないと思います。ジンの多くがジントニックというカクテルの形で消費されている以上、これは当然の理屈ではないでしょうか。
 しかし、トニックウォーターの入手はジンの入手より難しいです。その辺の小型スーパーでもジンは当たり前に売っていますが、ウイルキンソンやシュウェップスといったトニックウォーターはたいてい売っておらず、酒専門店に行かなければなりません。これら以外のメーカーのものが置いてあることもあっても、(すべてとは申しませんが)たいてい味に不満が残るのが事実です。
 恐らくビン製品が扱いにくいことが一因なのではないかと思うのですが、私自身、ジンよりトニックウォーターが不足してしまうことが多く、つい濃いめのジントニックを作って酔っぱらってしまうこともしばしばです;-o-)

 というわけで、私としては高級ジンよりも、缶やペットボトルで手軽に入手できる高品質のトニックウォーターが欲しいです。
 質の高いジンを作ること以上に難しいことなのかもしれませんが、トニックウォーターは割り材としてだけでなく、そのままでも優れた飲料ですので、メーカーの皆様にはぜひお願いしたいと思います_ _)