ぴよ将棋はおすすめのスマホ将棋アプリです


f:id:accs2014:20180721154420p:plain:w240

Android版とiOS版があります。シンプルでかわいらしい画面は将棋をはじめてみたいという方にもおすすめ


 これまでスマホゲーには興味がなく、いい年をして遊ぶようなものではないとさえ思っていたのですが、移動中のひまつぶしになるし将棋ソフトならいいだろうと思い「ぴよ将棋」をインストールしてみたところとても面白いのでご紹介。

 選択の決め手はなかなか強いらしいとの噂と、見た目のなじみやすさです。キャラクターとか画面の雰囲気がFlashゲームの激突要塞に似てるなあと思いましたがどうでしょうか。



f:id:accs2014:20180721154415p:plain:w240

チャンス到来の模様。さてどうする;-o-)


 COMは低級だと飛車先交換後の垂れ歩(▲2四歩)を受けなかったりしていきなり終了、ということもありますが、3級ぐらいになると指し手はだいぶしっかりしてきます。
 気に入ったのは、将棋ソフトによくある「低級は駒組みが一見適当なだけで力戦が強すぎ」とか「同じく攻めをつなぐのがうますぎ」「長手数の詰みも平気で見つける」といった腹立たしい不自然さがあまり見られないところです。COM有利の局面でも一気に決めに来るばかりではなく、そこそこの手で確実に迫ってきたり、ときには全くの緩手だったりするあたり、絶妙な加減です。



f:id:accs2014:20180721154411p:plain:w240

対局後の検討モードも充実。必死にひねり出した手にも冷静な判断が下されます_ _)


 私にはレベル15(ひよ愛 初段)がちょうどよく、最近はずっとこのレベルで対戦しています。はじめはなかなか勝てませんでしたけども、最近は指し筋に慣れたのかCOMが調整で弱まったのかわかりませんが、だいぶ勝ち越すようになりました。
 たいていの将棋ソフトはこのレベル(自称初段)ともなると手が付けられない強さになりますが、ぴよ将棋の人間らしさはこのレベルでも健在です。「どうやらCOMが詰みを見逃したようだ」→「でも受けがない、ヤケクソで反撃」→「なんとか飛車を抜いたもののやっぱり攻めがほどけない、もうダメか」→「大駒を失ったCOMが依然勝勢にもかかわらず悲観して投了」といった訳の分からない展開になることもあります;-A-)はたから見るとボンクラ同士の泥仕合かと思いますが、苦しい局面でも自分なりに考えて粘り強く戦える面白さが味わえます。



f:id:accs2014:20180721154407p:plain:w240

メニューも充実。はじめは何も考えず対局開始に進めばよし


 COMのレベルは30段階に細分されていますし、初心者向けの入門モードも用意されています。また、ファイルや他アプリからの棋譜読み込みや、最近のプロの対局棋譜へのリンクといった機能・サービスも用意されています。さらに表示や音声などの設定もかなり細かくできます。操作も簡単で快適ですので、将棋を始めようとする方からアマ有段者まで十分に楽しめるアプリです。おすすめ。