AI画像生成サイトでプロフィール画像を作成する

 はてなブログのプロフィール画像がいまだに未設定のままなのであります。そのうち作ろうとは思っていたのですがこれといったアイデアもないまま2年半が経過しているのであります;-o-)
 そんな中で目に入りましたのが次の記事です。

gigazine.net

 おお、ついにこの時代が来ましたか。サイト「This Person Does Not Exist」にて、架空の人物の高品質な画像をリアルタイムで生成できるのだそうです。
 属性パラメータの指定が一切不能という制約はありますが、気合でリロードしていればそのうち究極のメガネ熟女画像が手に入るという夢のようなシステムです。
 それでは私が実際に小一時間連打した結果をどうぞ。

f:id:accs2014:20190224151042p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151348p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151616p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151250p:plain:h140
f:id:accs2014:20190224151245p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151532p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151020p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151012p:plain:h140
https://thispersondoesnotexist.com/より。サイトを開くといきなり生成画像が表示されます)

 上段左から順番に。
 (1)(2)小さいお子さんの画像は結構出ます。ただしこれ以上の、10代~20歳ぐらいの年齢層というのがなかなか出ません。  
 (3)(4)お子様画像を除くと最も若くてもこのぐらいといった感じです。例外的にアジア系少年少女の自撮り画像みたいなのが出ますが画質も今一つであまり使えない感じです。
 (5)(6)イケメン美女も思いのまま…というほど確率は高くないです。セレブ風というのもほとんどお目にかかれませんでした。たいていこれといった特徴のない中年が出ますのでかなり選別しています。
 なお、日本人らしい画像というのもほとんど出ません。(6)が最も近かったと思います。
 (7)(8)ビジネスマンやどっかのCXO的なのもちょくちょく出ます。なかなか使えそうな感じです。

f:id:accs2014:20190224151505p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151525p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151136p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151115p:plain:h140
f:id:accs2014:20190224151026p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151512p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151519p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151403p:plain:h140
https://thispersondoesnotexist.com/より)

 同じく上段左から。
 (1)(2)(3)全体的に「集合写真からの切り抜きみたいな」「属性不明の人物」の画像が多いのですが、キャラの濃さが際立つ画像もたまには出ます。
 (4)最も年齢が高そうな画像でこのぐらい。伝説の大魔導士みたいな、いかにも老人というのはまず出ません。
 (5)一見エキゾチックな占い師風ですが黒いところは髪の描写が不自然になった結果です。たまに目や顎のあたりが不自然な画像も出ます。あと背景や本人以外の人物・物体はかなり不自然になります。もっと細かい話をすると両目の開き具合とかハイライトの入り方が異なることが多いのでその辺りが不自然に映るかもしれません。ただし全体的に破綻することはほとんどなく、グロになることはまずありません。
 (6)なぜか長髪になったため正体不明の人物になってしまった例です。
 (7)どこかで見た有名人風の人もたまに出ます。
 (8)メガネ熟女系はなかなか厳しいものがありました。まず銀フレが出ません。
 ん~やはりまだAIに任せるには早かったか……と思っていた最中、同じくGigazineより次の記事を発見。

gigazine.net

 こちらは猫画像がゲットできるというもの。
 サイズも小さく精度も低いようですがちょっと試してみました。

f:id:accs2014:20190224151606p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151613p:plain:h140f:id:accs2014:20190224151609p:plain:h140
https://thiscatdoesnotexist.com/より。サイトを開くといきなり生成画像が表示されます)

 顔以外はまともに処理ができない感じなので、引きのカットはほとんど事故物件になります;-o-)
 アップなら確かに使えそうなものの、これって素材そのままなのでは……と心配になります。しかしそこは信じて使うしかありません。一応猫ブログなので当面こっちでいくかもしれない。