プロホッケー/ラットパトロール/ラピッドファイアー/ニューペニーフォールほか実機画像

 シリーズ第41回目です。
 ロケーションは和歌山県勝浦温泉の越之湯さんです。和歌山県は初……かと思ったら実は3回目でした。案外多く登場していますね。
 なお越之湯さんについては現在、湯快リゾートの一施設として営業されています。
 では画像をどうぞ。

f:id:accs2014:20211212173001p:plain:w600
(越之湯/和歌山県 クリックで拡大します)

 いいですねえ。この湿り気がこもったような雰囲気がたまらないのです。
 80年代中盤にもなると、リゾート志向が強まるとともにホテルのリーフレットもだいぶ洗練されてきます。レイアウトは余白を生かした上品なものとなり、写真の画質も明るくクリーンなものとなっていきます。しかしこの時代(70年代中盤と思われます)ですと、まだまだ庶民的な温泉ムードを味わうことができます。
 ではゲームの説明に移りましょう。奥の最も左がプロホッケー(タイトー,1973)です。エレポンなどの陰に隠れやすいものの、同じ1973年生まれの、まさに黎明期のビデオゲームです。これはこれで結構レアな存在かと思います。
 その右隣が同じくタイトーのラットパトロールです。荒野を走るジープを撃ちまくるゲームらしいものの、それ以上の詳細はわかりません。M2機関銃みたいに後方正面から銃を持ってボタンを押し込み発射するタイプのガンシューでして、昔は結構多かったようですが、近年このタイプはあまり見ないような気がします。
 その右隣がスカイファイターⅡです。ググったら本ブログの第35回目がトップに来てて驚きましたけども、このマシンについてはこの先もたびたびご覧いただく機会があるかと思います。
 その右隣がラピッドファイアーです。これもガンシューなのは間違いないですがレアすぎてわかりません。この頃のタイトーにはボーダーラインとかスペースモンスターとかいろいろありまして、どう違うのか正直サッパリ;-o-)
 さらにその右隣のちょっと背の低い筐体が、前回も出ましたエレポンです。さらにその隣が恐らくスーパーロード7ですので、そこまですべてタイトーということになります。さすがタイトーといったところです。
 そして右側にはニューペニーフォールが大きく写っています。第13回目で特集しましたように、まさにこの時代の最重要作の一つです。この大きさと存在感は当時のゲームコーナーに欠かせないものだったのではないかと思います。さらに言うとその奥の赤い筐体が気になるところですが、さすがに識別は難しいです。


f:id:accs2014:20211212173041p:plain:w400:right

 さて一転しまして、こちらは同じホテルの居酒屋です。ジャパニーズスナック、ふるさとでございます。
 さっきの人たちがそのまま移ってきたんじゃないかという気もしますがまあいいでしょう。この寒い季節、こういう心も体も温まるスペースが恋しくなるのです。
 ママ熱燗もう1本;-A-)おでんも最高、ふるさと最高なのであります。

 というわけで今回はここまで。年内にもう1回はやりたいと思います。