データベースに関する教育をもっと広めてほしい

 最近は学校教育においてもプログラミングを中心とする情報処理の知識が重要視されるようになりまして、基礎科目としての位置づけも模索されるようになっています。

www.nikkei.com

 私が生徒・学生だった頃はと言いますと大学でプログラミングの授業が若干あったぐらいで、あと当時はインターネットの出始めだったのでHTMLも少々書かされた気がします。そのような時代と比べると世の中もだいぶ変わったものだと思います。
 ところで、私が当時学んだ程度のプログラミングが社会に出てから役に立ったかというとなかなか微妙です。もちろん分岐、ループ、関数といった基礎知識は有用で、実際に就職してからVBAをいじる機会が少々あったので、少しは役立ったのだろうとは思います。
 しかし、就職後に情報処理に関して思い知ったのはやはりデータベースの有用さです。小さいころからデータベースという言葉だけは繰り返し聞いていたのですが、たいていは「情報を扱いやすいように整理したもの」といった程度の説明にとどまっていたので具体的な理解ができず、学生になってもExcelなどと何が違うのか全然わかりませんでした;-o-)
 しかしAccessなどを通じて多少なりとも理解できるようになると、これほど実社会で有用なものもなかなかないのではないかと思うようになりました。もちろんExcel(表計算ソフト)も侮れない存在で、社会に出てからの活用を重視するのならヘタにプログラミングなどやるよりこれに集中したほうが堅実なんじゃないかとは思いますが、データベース(RDB)に関する知識も同様に、あるいはそれ以上に有益だと思います。正直、なぜ誰もこれを教えてくれなかったのだろうと今でも思っています。
 何といっても息の長い知識なのがいいです。何年かで廃れるといったことは絶対にありません。そして基本がシンプルで覚えることは多くないものの、活用していくためには対象(業務)への理解と思考力が必要、というあたりも現代の教育の要請に沿っているのではないかと思います。

 というわけで少し調べてみましたが、やはり学校(高校)でのデータベースの教育に取り組まれている先生方が少なからずおられるようです。

www.wakuwaku-catch.net

 情報処理とかプログラミングといいますと(ビジュアル的に)動きのあるものが喜ばれ注目されやすいので、データベースは確かに地味というかアピールしにくい面があるかと思いますが、ぜひその有用さと素晴らしさを広めていってほしいと思います。そして情報系に限らず、幅広い教育課程においてデータベースに関する教育が広まってほしいと思います。

ウイザードリィのDispellは「解呪」か「追い払う」か問題

 今日もほとんど引きこもりつつ名人戦観戦中です;-A-)
 そんな中でなぜかふと思い出したのですが、ウィザードリィ(一応FC版1とします)で僧侶が使えるコマンドに「のろいをとく」というのがあります。英語表記にすると「Dispell」となるので、当時は「接頭辞Dis+Spell(呪い)」みたいな単語なのかと思っていましたが、のちに「Dispel(Dispell)…追い払う」という、なんかそのまんまの動詞があること気が付きました。
 神の力を借りてアンデッドどもを殲滅する…のではなく法具的なものを手にしてシッシッと追い払っているような絵面が目に浮かびますが、これは確かにしっくりきます。しかし一方で「ディスペル=解呪」と訳している例もよくあるので、やはり上記のよう意味合いの言葉なのか…と、今一つ確信が持てないまま30年。いまのところ8対2で「追い払う」とみていますが、またも思い出しただけで結論なし;_ _)

メインブログ読者数が20人に到達

 メインブログをはてなブログ移行してから約1年10か月、ついに読者数が20人に到達しました。できれば「突破」って書きたかったんですけどもちょうど20人ですので、突はしたけど破はしてないなーという感じでこうなりました。
 それはともかく、読者及び普段ブログをご利用いただいている皆様にこの場を借りて感謝を申し上げます_ _)改めて読者の皆様を見ますとAccessエンスー技術陣というよりは、はてなのゆかいな仲間たちという趣が強いでけども、むしろそうした方々と共にまったりとやっていくのが自分の性に合っているように思いますので今後ともよろしくお願いいたします。
 とはいえ、はてなダイアリーで開始したときAccessのバージョンは2013だったのが今は2016、そして今年のうちには2019が発表されそうです。ソフト的にはほとんど変わってないんですけども、月日は確実に流れています。あんまりゆっくりやってると大部分をやり残したまま人生が終わってしまいかねませんので、あまり細かいところにこだわらずもう少しペースを上げて行きたいと思います;-o-)

とんかつの老舗 銀座梅林さんのロースカツ定食

f:id:accs2014:20180512152807j:plain:right:w280

 GW後半のある日の午後です。海や山に行くわけでもなく都心をブラブラしていたわけですが、ランチに行こうにも連休中はお休みのお店が多いです。
 そこで銀座梅林さんにやってきました。基本的に年中無休なのでこういうときは大変ありがたいのです。もう午後2時を過ぎていますがまだ行列が並んでいます;-o-)


f:id:accs2014:20180512152803j:plain:left:w280

 20分ほど待ちまして入店。
 オーダーは当然のように昼から生ビール、そしてロースカツ定食です。


f:id:accs2014:20180512152759j:plain:right:w280

 上質なお肉の軽く柔らかい歯触りと、淡白ながら品のいい味わいが楽しめます。
 ガッツリ食べるようなイメージではありませんが、とにかく2日酔いでも食べられそうな軽さと柔らかさが特徴です。
 お店も清潔感があって入りやすいですので、油っぽい料理(お店)はちょっと…という方にもおすすめできます。ぜひどうぞ_ _)


山菜ざんまい

f:id:accs2014:20180506215514j:plain:right:w210

 春の楽しみといえばこれです。実家で採れた山菜を食べまくるのであります。
 まずはなんといってもタラの芽です。言わずと知れた山菜の王様で、もっちりした歯ざわりと癖のない風味が特徴です。
 都会で結構なぜいたく品ですが、そんなことは気にせず主食のようにモリモリ食べるのであります^o^)


f:id:accs2014:20180506123029j:plain:right:w210

 ヨブスマソウ。田舎ではホンナとかボンナとか言います。
 筋が固くシャキッとした歯切れと苦味があり、実に山菜らしい山菜です。


f:id:accs2014:20180506123026j:plain:left:w210

 イタドリの芽を酢味噌でいただきます。
 強めのぬめりと、何か古びた記憶を味わっているような独特の風味がありまして;-o-)まさに大人の味です。


f:id:accs2014:20180506123023j:plain:left:w210

 そしてアイコ。正式にはミヤマイラクサというそうですがそんなん初めて聞いたわ´A`)
 味噌漬けにして甘みのある味わいにしています。これを1本ずつつまみながら酒をちびちびやるのがたまらんのです。
 
 ほかにもシオデとかコゴミとか、うまい山菜がいろいろありまして、酒飲みにはたまらん季節なのであります*´A`*)


「ふ」と発音できなくなったことがある

 小さい頃ですが、一人でいるときに突然「ふ」という文字の発音ができないことに気づいてパニックに陥ったことがあります。
 いきなり訳が分かりませんが、詳しく言うと、「ふ」と発音しようとしても「フッ、フーッ」という、熱いものを冷ますような音しか出せなかったのです。冷静になって「はひふへほ」と発音しようとしましたが「は、ひ、フー、フー…」どうしても「ふ」が発音できないのです。
 おわかりでしょうか。つまり、私は「ふ」の発音において、喉を鳴らすということを忘れてしまっていたのです´A`)しばらくしてやっと気づいたから良かったものの、あそこで人に会っていたら一体どういう会話が展開されていたのか、いまだに気になります。

日本にナースという言葉を広めたのは麻雀クリニックではなかったか

 画像がなくてすみませんがホームデータの麻雀クリニックです。スーパーリアル麻雀シリーズほど有名ではありませんが、グラフィックも小奇麗で、特に最初のいけないナースさんの人気はそこそこ絶大なのであります。遠藤周作がプレイしてたら絶対「泡のような下着」って言ってたはずです。今年で発売から30年だそうですので、つまりアサルトも30周年、そして私の中でファミコン最高傑作として名高いキングオブキングスも30周年ということです。月日の流れるのは早いものです。
 というわけで本題に戻ります。私はこのゲームでナースという言葉を知りました。当時は麻雀のルールがわかりませんでしたのでプレイできませんでしたが、そこだけは理解できました。そして、ナースという言葉は当時さほど一般的ではなかったように記憶しています。自分が小さすぎて判断できなかっただけかもしれませんし、冷静にみればそうとしか考えられません。しかし万一ということもあり得ますので、ここであえて帰無仮説としての超珍説をブチ上げたいと思います。

 「麻雀クリニックこそ日本にナースという言葉を広めた張本人である」と。

 たまたま酒飲んでて思いついたというか思い出しただけですが、これを機会に真実を知ることができれば幸いです_ _)
 余談ですが同社の作品で同じく病院を舞台にした麻雀ビタミンCという作品がありまして、実写取り込みが特徴でした。ある意味麻雀クリニックと対をなす作品のはずなのですが、病院らしい描写が女性の看護服以外に「壁のタイル」ぐらいしかなかったため、友達に「便所」と言われていたのを思い出します。合掌_ _)