ロバート・熊「あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと」

f:id:accs2014:20181118122830j:plain:right:w210

 はてなブロガーのロバート・熊氏による著書です。氏はかつて自ら催眠商法に関わった経験に基づき、被害者を悲惨な破滅に追い込む催眠商法の撲滅を願って本書を出版されました(現在はスーパーの社員をしておられるそうです)。
 私は販売日のちょっと前にアマゾンで注文したもののかなり品薄らしく入荷が遅れ、数日前にやっと届きました。

 内容の方ですが、催眠商法の現場となる「宣伝会場」の基本的なスケジュール、従業員の役割分担から、合法ギリギリの線でもっともらしさを演出しつつ来場者の人情につけ込み契約を獲得する技術、業者の内情までこれでもかと暴露しています。とかくセンセーショナルな取り上げ方をされやすい分野ですが、ブログと同様に落ち着いた語り口が展開されますので安心して読み進めることができます。

 ちなみに、うちの会社にはサクラはいなかった。
 常連さんがいるので、サクラがいると絶対にばれる。サクラを雇っているような業者は二流であり、私たちはそんなものに頼らなくても熱狂させられる自信があった。
(p180-181)

 詳しくは本書をご覧いただくとして、こうした一文にも催眠商法の強力さ、危険さは表れているように思います。要は自分はだまされない、いざとなっても断れるから大丈夫と思っていても、プロによる完成されたシステムとある種の"情熱”の前には全くの無力ということです。
 私も保険屋さんの勧誘を断るのにさえ毎回一苦労してますのでこれはよくわかります;-o-)とにかく会場に行かないこと、近づかないこと、これに勝る対策はありません。

 とはいえ本書ではそうした対策だけで終わることなく、一方の「買う側」の事情にもきちんと言及されています。 
 高齢者の社会的な孤立が催眠商法の背景になっていること、そして会場で行われているのは「洗脳」であってやみくもな否定は被害者本人の反発を招き解決を遠ざける恐れがあることなど、被害に遭いやすい高齢者、あるいは被害者の家族として留意すべき点が抑えられています。さらに「買う快感から逃げられなくなったお母さん」や「病気の娘が助かるならと大金を出す親」といった節を読むと、この商法に関わる問題の根の深さが一層切実に感じられます。


 というわけで、公的機関のリーフレットなどでは知ることのできない、著者の経験があってこその内容となっています。逆に悪用されないか心配されるかもしれませんがこれ一冊でマネできるほど甘くありませんので安心を。著者の意図どおり催眠商法の被害防止、撲滅に貢献する一冊になっていると思います。

 なお、氏のブログはこちらです。ぜひどうぞ。

kumasann.hatenablog.com

東京通信大学の入学相談会に応募してみました

 出来立てで海のものとも山のものとも知れぬ(失礼)通信大学の相談会に応募したのであります。
 今更なぜなのか、ということですけども、30歳ごろにRDBという存在に魅了されテクニカルエンジニア(DB)も取りましたしAccessのブログなんかもちょこちょこと書いてきましたが、ここにきて自らの情報系の知識にますます物足りなさを感じだしたのであります。言語関係などはファミリーベーシックのDATA文でつまずいた小学校以来たいして進歩していませんしネットワーク関連はさらに素人そのもの。はてなの技術陣のブログを拝見していても全く理解できずただスゴイ感じを味わってるだけ;-o-)まあ向こうは業界最前線の方々ですので当たり前ですが、これはちょっと淋しい。
 実は大学も当初は情報系希望だったのですが、それが叶わなかったというのも根底にあります。もちろん若いころに目指していた大学とはアカデミックさ加減が全く違うでしょうし、かといって実学的な内容を勉強しても今更大きな仕事や金に結びつくとは思えないのが痛し痒しであり、この年で夢追い中年になるというのはリスクがデカいと言わざるを得ません。しかし、やはりこの手のやり残し感というのは年を取るにつれてドンドン重くなっていくように思うのです。

 もちろん独学や資格取得というのもアリですがここは一念発起して…というわけで通信制大学を調べてみましたところ、情報系の課程を持つ大学というのが意外に少なく、目についたのが東京通信大学だったのです。学費も安いですし…。スクーリングが全く不要というのが逆にちょっと不安というか張り合いがないような気がしますし、課程の詳しい内容やレベル、働きながらでも卒業できそうかどうか、などなど知りたいことはいろいろありますが、フォームから簡単に相談会への申し込みを行うことができましたので、あとは詳しいお話を聞いてから応募を判断したいと思います。もしかしたら半年後には半ニート状態で本ブログを綴っているかもしれません。合掌-人-)

メインブログが400記事に到達しました

 メインブログ(もう一度学ぶMS-Access)が開設から4年弱でやっと400記事を達成しました。
 開設当時のAccessのバージョンは2013でした。00年代はExcelの延長で勉強しているユーザーが多かったように思いますが、この頃にはだいぶ減ってきている感じでした。その後も特に盛り上がる気配はなく市場は順調に縮小している感じです;-o-)そのせいか最近は機能がほとんど変わらないので、その点はやりやすかったですけども。
 最近のアドセンス収益は1日に缶コーヒー1~2本分、どちらかといえば1本寄りです。週末は1桁円になることもあります;-o-)塵も積もればなんとやらですがやっぱり厳しいものがあります。Excelと比べてはるかに地味ですし最近はパワポにも負けそうな勢いのソフトなので、収益以前に「記事が当たる」「注目される」という希望がもてないのがなんとも。
 今後ですが、ネタ色の強いTipsは出尽くした感じなので、あとはExcelライクな関数の応用とか普通の操作マニュアル的な記事が増えていくと思います。それと設計(テーブル)に関する記事を始めるかもしれませんが、年度後半はどうしても更新が難しいため頻度は大きく減りそうです。しばらく月1程度になるかもしれません。
 なんか明るい材料が足りませんけどもAccess2019もなんとか発売されそうですので細々と続けていくつもりです。今後ともよろしくお願いします_ _)

函館で食べ歩いてきました

f:id:accs2014:20181027211418j:plain:right:w210

 こないだですが函館に旅行してまいりました。
 せっかく北海道に来たんだからここはひとつサイレンススズカのお墓参りに…といきたいところですが、今回は集団行動ですし函館から稲原牧場までは結構遠いので断念するしかありません;-o-)
 そう割り切って到着直後からひたすら飲んで食って、たどりついたバーがこちらのJEY'Sさん。


f:id:accs2014:20181027211414j:plain:left:w210

 実は一旦函館国際ホテルのバーに向かったのですがあいにくリニューアル中だったため、オーセンティックなバーを探し回った挙句こちらにまいりました。
 なんとか落ち着いたカウンターに腰掛けることができて一安心;-o-)北の地で一人ゆっくりと飲む酒はやはり最高なのであります。


f:id:accs2014:20181027211410j:plain:right:w210

 そしてシメは大門横丁のたつみさんで塩ラーメン。
 とにかくシンプルな塩味です。酔ってなければちょっと物足りない味なのだろうと思いますが、酒飲みのシメの味は単純なほどいいのであります。小さなカウンターの風情もなかなかです。


f:id:accs2014:20181027211406j:plain:right:w210

 翌日も酒が残ったまま朝市で三色丼を食べ、その後は五稜郭とタワーを見学してまいりました。一度スカイツリーに登った人間ですから五稜郭タワーなど楽勝…と思いましたがやっぱり結構怖いです;-o-)高いところは我慢できても、あの「せり出してる」という感じが落ち着かないんですね。だからタワーは苦手です。
 で、駅前に戻ってまたラーメンです。無難にあじさい…と考えていましたが、たまたま目に入った市場のかもめさんに突入です。


f:id:accs2014:20181027211402j:plain:left:w280

 函館ラーメンの塩をオーダー。
 昨日のたつみさんよりもスープの旨味が濃く感じられますけどもこれまた十分シンプルな味わい。最近はどこのラーメンもコテコテなのが多くて、ラーメン好きのつもりであった自分も別のメニューにすることが多くなりました。やっぱりラーメンはこういう素朴なのがいいですねえ。
 このあと寿司屋のランチメニューを食べて喫茶店でパフェを食べて満腹に。その日のうちに帰宅したものの夕食は全く食べられずそのまま寝てしまいました。まさに食い倒れ;-o-)


おまけ付き缶コーヒーが苦手

 最近ジョージアでドラゴンボールのフィギュアが当たるやつをやってますけど、あの中身が見えないおまけがどうにも嫌なのです。
 私の苦手なカセットコンロのボンベを思い出してダメです。なんか爆発しそうな気がするんです;-o-)中身がわかってても怖いんです。
 なので、どうせなら開けなくていいように下につけてほしいです。

 などと200字で終わるような記事を連発してアドセンスを止められないか心配ですが、こんな時間ですのでもう寝ます;_ _)