GoogleスプレッドシートにSEQUENCE関数が追加されていた

 Excelの新機能としてスピルとともにUNIQUE関数やSORT関数、SEQUENCE関数などが追加されるとアナウンスされてから1年以上経っていますが、いまだにOffice Insiderに登録しないと利用できず、一般には使えない状態が続いています。
 そんな中、いつの間にかGoogleスプレッドシートにSEQUENCE関数が実装されておりました。

support.google.com

 SEQUENCE関数がExcelの方で発表されたとき、スプレッドシートにない関数だったので、期待するとともにスプレッドシートの弱点になるのではないかと想像したものの結局はスプレッドシートの方が先を越してしまいました。ARRAYFORMULA関数との併用により(この辺りはいま一つスマートでないように思いますが)繰り返し処理が可能になるというのがキモで、まだ詳しくは試していませんが応用が利く関数になっているようです。一見地味で誰も話題していないのが気になりますけども、表計算の世界では今年(のこれまでで)最大の出来事なのではないかという気がしています;-o-)あとは行列の縦横の連結(UNIONのような処理)を関数でできるようにしてほしいですが、そこまで実現すれば表計算としての不満はかなり減りそうです。
 一方でExcelの立ち遅れが気になるところです。互換性への配慮に手間取っているのかもしれませんが、あまりに進歩がないようでは近いうちに表計算ソフトの主役の座を取って代わられるのではないかという気がしています。

バルジ大作戦実機画像

 「伝説のレトロゲームを求めて」第24回目です。
 ロケーションは別府温泉の鶴見園観光ホテルさんです。
 鶴見園自体が長い歴史のある施設で、戦後はホテルと大規模なレジャーランド(遊園地)を併設した一大娯楽ゾーンを形成していました。しかしレジャーランドの方は70年代に早々と閉園し、ホテルも2001年頃までは営業していたものの廃業ののちに解体され、今やその姿は残っていません。
 それでは往時のゲームコーナーの様子です。

f:id:accs2014:20190828211426p:plain:w600
(鶴見園観光ホテル/大分県 クリックで拡大します)

 これは見事。バルジ大作戦の筐体の形状やカラーリングをよく捉えています。3つ並んだ大砲も迫力がありますね。
 ナムコ(本作発売の1968年当時は中村製作所)は後にビデオゲームで多数の戦車ゲームを発表しますが、その始祖ともいえるのがこの作品です。正直ゲーム性については迫りくる戦車を砲撃する、というぐらいしかわかりませんが、ここまでデカいとさすがに注目されたものと思います。ここはぜひプレイされた経験のある方のお話を伺ってみたいものです。
 ところでタイトルの横に見える戦車の絵とNAKAMURAの文字も実におしゃれですね。戦車の中村。中村の戦車。ちょっとチェンジエアブレード的なものを想像してしまいます;-o-)
 なお、ナムコの複数プレイ型の大型筐体ゲームはペリスコープとこのバルジ大作戦のほか、空戦もののゼロファイター、さらに宇宙大要塞という作品が発表されていたとのことです。レアすぎて全然情報が見当たらないので不安になりますが、探求の旅はまだ続くのであります;-o-)


 追記:以前のコメントでバルジ大作戦の画像は持ってないと書いてましたが、実はあったという次第です。きちんと見直してみるものですね。

ルナレスキューほか実機画像

 紙上で歩む日本レトロゲーム紀行の第23回目です。
 今回のロケーションは会津の奥座敷、芦ノ牧温泉の大川荘さん(営業中)です。
 驚くような作品があるわけではないんですが、ゲームコーナーの雰囲気が独特で、これも昔から気に入っています。
 では早速どうぞ。

f:id:accs2014:20191014134637p:plain:w600
(大川荘/福島県 クリックで拡大します)


 ん~いいですねえ。和風のゲームコーナーです。
 コーナーの名前も「わらべ唄」という、少し変わったものになっています。この時代のホテルのゲームコーナーの名前といえば「モナコ」とか「ゲームインカジノ」とかが定番でしたけれども(命名しているところが結構あったのです)、ここはあえて和風です。街場のゲームセンターにはちょっとなかったセンスですね。
 まあよく見ると椅子の辺りとかが若干それっぽくなっているぐらいで、そこまで凝っているわけではないんですが雰囲気はよく出ています。

 写っているゲームの方はと言いますと、左端のアップライトがスピードレースCL-5(タイトー 1979)、その隣がルナレスキュー(タイトー 1980)です。ルナレスキューはそんなに出回りが良くなったような気がしますし、ギャラクシーウォーズなどと比べてゲーム性が中途半端な印象はあるものの、一粒で二度おいしい感じがして私は結構気に入っていました。
 しかしその右の赤いのがちょっとわかりません。名前の下段がどうしても「WARS」に見えてしまうのでギャラクシーウォーズかレーザーウォーズかといったところですけども全く確信がありません;-o-)タイトー筐体なのですぐにわかるかと思ったんですが、これはもうちょっと調べてみないとわかりませんねえ…というわけでまだ続きます。