ボールパーク/(メダル)世界の旅ほか実機画像

 特に変わった出来事もないので、ここで謎の昭和企画第5弾。
 今回は河口湖畔の丸栄ホテルさん(現:若草の宿 丸栄)です。

f:id:accs2014:20190420063316p:plain:w600
(丸栄ホテル/山梨県) クリックで拡大します

 テーブル機はちょっと難しいですね。手前中央の白いテーブルのパネル部分がヘッドオンN(「HEAD-ON-N」。ヘッドオンの任天堂バージョンらしきもの)のように見えますが、インストカードとなるともうわかりません。
 では奥のマシンについて。まず右端の男性がプレイしているのがボールパーク(タイトー・ミッドウェイ 1974)です。これを含むタイトーの超レトロ機を多数集めたゲーム展が2017年秋に柏で開催されていたのですが、都合により行けなかったのを大変後悔しております;_ _)
 その左のほとんど隠れているのが、おなじみ国盗り合戦(コナミ・レジャック)。そしてその左に見えているのが姉妹機といえるメダル機、世界の旅です。難易度と払い戻し倍率が異なる3つのコースから選択できるルールになっているそうですけども、国盗りがあまりに出回ったせいかこちらは見た覚えがないです。
 中央やや左に白い筐体が2台見えます。右は画面周りのデザインがサーカスに似てますがちょっと違ってまして、調べても同じものがみつかりません。左は完全にわかりませんけども、ドル袋を盗むゲームなんてルパン三世以外に思いつきません;-o-)だとすれば右はアクロバットかということになりますが、ともに筐体デザインが本来のものとかけ離れてて、やっぱりちょっとわかりませんねえ。
 ちょっと配置が分かりにくいですが、その右に隠れているのがセガのメダル機グランドダービーです。ニューグランドダービーの方かもしれませんが側面のデザインが異なりますし、正面上部の赤い文字(「GRAND」と「DERBY」)の間にあると思われる黄色い文字(「NEW」)がないので、旧の方かと思われます。その右がスーパースピードレースV(タイトー 1978)、さらにモナコGP(セガ 1979)と続きます。
 左側の茶色っぽい箱型のはジュークボックスです。その右に2台あるのはデータイーストのオーシャンツウオーシャンという9リール8ラインのスロットマシンです。開発がどうなのかまではわかりませんが、デコのスロットというのは珍しいですねえ。
 
 というわけで今回目を引くのは、ほとんど情報が見当たらない世界の旅と(間違いなければ)グランドダービー、オーシャンツウオーシャンの3つでしょうか。もうちょっと大きく写っていればよかったのですが……

将棋イベント「棋才 平成の歩」に申し込みました

 今月29日にニューオータニで開催される将棋イベント「棋才 平成の歩」のチケットを購入しました。
 正直なところベテラン棋士に関してはそんなに目新しいトークも出ないだろうな~という気がしますが、やはり藤井七段見たさで1万6千円払いました。この機会を逃すとしばらく本物を見るのは難しそうでしたので。
 チケット販売は明日14日までだそうですので、関心のある方はぜひどうぞ。

www.shogi.or.jp

 それにしても久々に何日か時間が取れるので、何かレトロゲーム関連のイベントがないか探してますが見当たりません。しばらく前に柏でやってたタイトーレトロゲーム展に行けなかったのでアレをもう一回やってほしい;-o-)

ローリングサンダー3の1面BGMがメガリスそのものだった

 またも自分用メモ。しかも題名で終わってしまいましたが、ジェネシス(海外版メガドラ)で販売されたローリングサンダー3のステージ1BGMがまんまT-SQUAREのメガリスなのをさっき知りました。国内販売されなかったのも仕方ないというか、してたらエライ事になっていたかもしれません;-o-)
 ちなみに2のサウンドの移植はなかなか頑張ってますのでお暇がありましたらご一聴を。

GoogleアルゴリズムアップデートでPVが減少

 またもメインブログ(Access学習)の方です。
 3月のGoogleの検索アルゴリズムの変更に伴い、PVが減ってしまいました。
 影響が現れたと思われるのは3月14日以降でしたので、11日以降のPVをグラフにしてみました(13日のPVを100とする比率に変換しています)。

f:id:accs2014:20190327054520p:plain:w600

 通常は火曜より水曜が減って木曜にまた増えるという傾向があるため、13日は普段より少し多かったように思われます。
 いずれ14日に思ったほど伸びずアレっと思っていたところ、その後も回復せず次第に下降しています。どうしても休日にPVが激減するせいでまだ比較材料が十分ではないですけども、11・12日と25・26日(いずれも月・火)を比べると2割~3割の間で落ちている感じです。
 健康・マネー系のブログではないのでこれまでアルゴリズム変更の影響はあまり受けてこなかったものの、今回は直撃してしまったようです。とはいえ8割減!とか極端な減り方でもないですし、デザインはともかく基本的な性格は変えようがないブログなので今後もちびちびと投稿・リライトしていくのみです。
 今回のアップデートで大きく影響受けたという方々のブログの記事もいくつか見てみましたが、技術系や書評系などの比較的手堅いジャンルのものが見当たりませんでしたので、私の例を挙げさせていただきました。参考まで。

 なお、本ブログのほうはもともとのPVがあまりに少ないので影響はよくわかりません;-o-)

(メダル)スーパーファローほか実機画像

 今回は三重県の浜乃屋別館第一ホテルさんです。現在は石鏡第一ホテル神倶良と名を変えて営業されています。伊勢志摩の海沿いに建つ眺望のいいホテルで、ここも今すぐにでも行きたいです。こればっかりですね;-o-)
 というわけでかつてのゲームコーナーがこちら。

f:id:accs2014:20190317225645p:plain:w600
(浜乃屋別館第一ホテル/三重県) クリックで拡大します

 窓の景色が絵みたいに見えるところが気になりますけども、こんなロケーションでゲームするのもなかなか乙ですねえ。
 まず目につきますのが右の黄色いマシン、スーパーファローです。ピカデリーサーカスの色違いか、あるいはタイトル的にセガの作品なのかと思いましたがユニエンタープライズだそうです。懐かしのクイズゲーム、頭の体操(1983)のメーカーといえばピンとくるでしょうか。
 その左の赤いのがですね、ちょくちょく画像は見るんですがちょっとわかりません;-o-)
 右の女性がプレイしているのが前回も出ましたユニバーサルの4 IN LINE、さらに左が日本ビデオゲーム界の始祖でありますエレポン(タイトー 1973)、そしてスピードレース(タイトー 1974)と続きます。
 そして手前に一部写っているのが競馬メダルゲーム、ニューウインターブック(ユニバーサル)です。私は競馬ゲームというとセガのスーパーダービーぐらいから後のものしかわからないのですが、ああいったミニチュアとか画面でレースが展開する大掛かりなものではありません。見えている部分がメインパネルで、写ってないところに投入口部分があるといった感じで本当にコンパクトなマシンです。
 
 スーパーファローが珍しいぐらいですけども平凡なシングル機ですし、その他も昭和50年頃のごく普通のラインナップといった感じでしょうか。まだつづく。