ペリスコープ(ナムコ)/バスケットボール(タイトー)実機画像

 2019年サマーシーズンの掉尾を飾る第20回目。

 ちょっとアナタのブログ、ナムコ信者なのにナムコゲーム全然出てこないじゃないの、一体どういうことなの!?……などとツッコまれたことはありませんけども、実際にこれまで紹介してきた写真はナムコ成分がかなり少なめです。
 まあ理由は単純で、ナムコのゲームがあまり写っていないからです。よく調べるとチラホラ見かける程度には写っています。しかしタイトーやセガのように早くからビデオゲームとメダル、エレメカでラインナップを揃えていたメーカーの存在感と比べるとどうしても影が薄いのは否めないところです。
 ではナムコ全盛期の80年代になってナムコゲーム画像が激増したかというと、案外そうともいえません。80年代になるとテーブル機の割合が増えて写真から作品を識別しにくくなったことと、そもそもホテルの宣伝リーフレットにおけるゲームコーナーの扱いが小さくなったことなどが原因かと思います。ただしポールポジションはさすがにあちこちのホテルで見られますね;-o-)

 ……などと前置きが長くなりましたので本題に移りましょう。
 今回は水上温泉の奥利根館さんです。衰退の著しかった水上温泉においても長らく親しまれたホテルですが、残念ながら2011年頃に廃業されているとのことです。
 画像はこちら。

f:id:accs2014:20190828211347p:plain:w600
(奥利根館/群馬県 クリックで拡大します)

 いや~どうですか、このナムコペリスコープ(※奥のマシンです)の雄姿は!!……と言いたいところですけども、前列のご婦人たちと奥の小型マシンがガッチリとブロックしてしまっててイマイチですね;-o-)せめて左の1ユニットぐらい見せる写真になってれば素晴らしいのに、これは残念。
 ただ、左のピンボールと比べて見ると筐体の色は無彩色ではなく、青か緑っぽい色になっているようですね。あと内部に白い雲の絵が確認できるのも、辛うじてナイスと言えるポイントかと思います。


 なお手前に大きく写っているのはタイトーのバスケットボールです。他社からも同様の作品が発売されていて、いずれもロングセラーとなっています。リメイク作であるセガのスピードバスケットボールの方で慣れ親しんだ方も多いと思います。
 写真の印象からはこちらをメインすべき感じですけども、レアリティの違いでこうなりました。あしからず;-o-)