ビッグアンドスモールほか実機画像

 シリーズ第38回目となります。
 ロケーションは山口県の長門湯本温泉にあります大谷山荘さんです。
 何年か前の日露首脳会談の際にプーチン大統領が宿泊したことでも知られている名門で、これまた一度は泊まってみたい憧れのホテルであります。
 画像はこちら。

f:id:accs2014:20211017172648p:plain:w600
(大谷山荘/山口県 クリックで拡大します)

 中央にドンと写っているのがユニバーサルのビッグアンドスモールです。
 3つのサイコロの出目を予想して賭けるという内容のメダルゲームですが、ここはnazox2016様による解説をご覧いただきましょう。

blog.goo.ne.jp

 上記写真の筐体は中央に畝のような盛り上がりがあるので、新バージョンのようです。
 ディスプレイの上部に掲げられた注意書きも注目すべきポイントでしょう。肝心の文字が読めないのが残念ですけども赤字の部分は「大小の遊び方」と書いてあるように見えます。


 写真の右端の、ちょっと地味な筐体はEVRレースの1人用バージョンです。ディスプレイの右側に「EVR」という文字が大きく表示されているはずなのですが、その部分が写っていないのが残念なところです。
 その左隣がクリーンスイープ(プライズマシン)です。さらに隣の青い筐体は、ペリスコープの部分が見えることからも恐らく潜水艦ゲームで、タイトルはソナーアタックと読めそうですがサミーのものとどういう関係なのかちょっとわかりません。その隣はユニバーサルのPUNCHでDATE、その隣にはシリーズ第4回目(こちら)に登場していたラッキーフラッグのようなものが見えます。ただ、ちょっと写りが小さすぎますね。
 そして奥の左端にはこまやのヒット作、ジャンプアップが見えます。前々回の緑水荘さん(こちら)以来の登場ですけども、この写真でも筐体のコンパクトさがよくわかります。

追記:
 コメントをいただきましたように、画像のソナーアタックはユニバーサルの作品とのことです。ペリスコープといい潜水艦ゲームはなぜか同名のものが多いですね。


 というわけで1月半ぶりのシリーズ新作でした。
 次回についてですが、セガの起源に迫る、とある作品を紹介したいと思いますのでお楽しみに_ _)